So-net無料ブログ作成
観たライヴ ブログトップ

Fairy Tale @新大阪イルソーレ & アイーダ@文京シビックホール [観たライヴ]

 帰省時にはお世話になっている新大阪イタリアン・バール・イルソーレ。
 今回は年明けにお邪魔した際にお逢いしたギターとフルートのデュオFairy Taleさんのライヴがあった。個人的に、クラリネットとのデュオをやっていた時期もあったから、大いに興味はあった。それに年末12/27の僕のライヴ時、ある知人がわざわざ遠方から夜間バスの往復で新大阪まで観に来てくれたので、今回は僕が観に行こうかな、というわけでした。

fairy tale.jpg

 僕の席はいちばん遠い場所でしたが、音は充分に聴こえる。ギターのテクニックも美人フルート奏者のトーンも素晴らしいのは勿論だけど、何よりもイイのはそれを前面に出すのではなく、聞き手が歌えるメロディ(判りやすい主旋律)を書いていて、それを表現するための技術や音色であること。
 途中で「情熱大陸」のカヴァーもあり、この時にやたらと盛り上がった…他のお客さんには申し訳ないが、僕はオリジナル群の方が魅力的だと思う。

 後半はギタリストのソロ、そこにベーシストが加わってグルーヴ感覚溢れる演奏。巷では「ソロギター→押尾コータロー」の印象があるけど、彼は一線を画したもっと様々な表現もできる人だと思う。
 2度のアンコールもあり、素敵なライヴでした。東京へ来られた際にはぜひジョイント・ライヴを!

て、目的はそれかい!?

 - ◇ -

 昨日早朝に大阪を出発、文京区民オペラ「アイーダ(ヴェルディ作)」を観に、文京シビックホールへ向かった。アイーダ役は中丸三千繪さん。
 当日満員の開演前、ラメダス役の交代と、中丸さんのコンディション不調がアナウンスされた。中丸さんに関して言えば、周囲が世代交代を迎えていることや前夫加藤和彦さん逝去のショックも含めて、「大丈夫か」と様々な憶測も飛び交っていた。けど、なんのなんの、伸びがあって芯のある声は健在、細かいことを言えばライヴ(生)ではよくあること…評論家の突付くような些細なことを除けば、本当に実に素晴らしいステージでした。

 だいたいの筋書きは読んでいたものの、早朝出発の前半は第2幕の凱旋の超有名なフレーズが出てくるまで、睡魔との戦いでした…出演者の皆様、すみません。

 筋書きはウィキペディアにてご参照のほどを…
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%80

 しかし、3幕のクライマックスから最後までしっかり楽しみました。特に、アイーダと父親アモナズロ(敗戦国エチオピア王)、恋人ラメダス(エジプト指揮官)、恋敵のエジプト王女アムネリス…全員鉢合わせになる場面から悲劇への急転直下!ココではソリスト全員の演技と歌唱は本領発揮で、見応え聴き応え充分な場面でした。そして、最後の4幕でアイーダとラメダスが迎える最期まで感動的でした。

 合唱で参加され、観覧にお誘いいただきました りゅーさん、ありがとうございました。

 ロビーでサイン中の中丸三千繪さん。
中丸三千.jpg

プロレスラー矢口壹琅&Mud Pie Mojo@赤坂L@N AKASAKA [観たライヴ]

 先週末11/14(土)、知人がドラムで出演するイベント・ライヴに出かけたら、最後の大トリが

 プロレスラー矢口壹琅(やぐちいちろう)
1337879293_204.jpg

Mud Pie Mojoというブルースバンドを率いて登場。ハーピストが歌う詞はマディ・ウォータースのMojo Workin'やHoochie Coochie Manなどが交ざったような感じ。でも演奏はタイト。次のThe Band「The Weight」での矢口さんとリード・ギタリストの2人によるギターソロは感動的だった。続く「横浜ホンキートンクブルース(エディ藩/藤竜也)」、ファンキーな「灰色の街」も素晴らしかった。大柄なイカツイ見た目とは想像できないほど(すんません…)紳士で優しさ溢れるトーク…素敵でした。

 最後は「ブルースライトヨコハマ」の詞をファンキーな3コードに乗せたチューンで大盛り上がり!!

 帰りは赤坂でイルミネーションが…
1337879293_205s.jpg
 街はもう、早くもクリスマス気分みたい…

堀尾和孝さんライヴに、あの人が… [観たライヴ]

 昨日は四谷三丁目のソケースロックにて、ギタリスト堀尾和孝さんのライヴを観に…。
40299558_4156811029s.jpg
 多くの曲をソロギターで弾いてしまうスゴい人。例えば、「HOTEL CALIFORNIA」は、あの有名な最後のギターバトルを独りでやってしまう。

 昨夜もそういった有名曲に自作曲も加え、本当に素晴らしい演奏で、またヴァイオリンやサックス、ドラム、ゲス
トヴォーカルも加わった、盛りだくさんのライヴ。
40299558_878647237s.jpg
40299558_3746003774s.jpg
40299558_2165138324.jpg
 さらに

俳優:大杉漣さん!
40299558_1380152050s.jpg
あ、「漣」を「さざなみ」と読んではいけません…分かるかな!?(爆)
 高田渡「生活の柄」や泉谷しげる「春夏秋冬」、ブルーハーツ等で客席も歌いだして盛り上がる。

 ギターやハーモニカもうまいし、歌もイイ。そりゃ本業歌手ではないし、自分の声とギター演奏のキーに合わせていない曲もあるんだけど、あの低音と声質がとても印象深く、技術云々を論議する域を超えている。どの曲も滑舌よく歌う。だからこそ字余りのフォークの曲が似合うのでしょう。
 同郷の堀尾さんとのボケ・ツッコミも交えたトークも冴える。

40299558_2552934209s.jpg

 また、わずかな時間ですが、客席で呑でおられる時は僕のまん前に座っておられました。なかなか逢えることのない時間でした♪♪♪ 




ギタリスト中野新哉さん [観たライヴ]

 昨夜は久々に西池袋FREE FLOW RANCHへ。今回出演したJAIL FISHのギタリスト中野新哉さんは再結成フォーリーブスやクリスタルキングとも仕事をされている名手。

 モンゴル松尾さんのソウルフルなピアノに乗せてライヴが始まると、バンドの演奏はもうお見事!自作曲は聴き慣れた感があるのだけど、そこがミソ。シンプルなメロディに字余りなしで詞を乗せて、キャッチーなサビに持ち込む…そんな耳慣れた曲を作ること自体が難しいことだと思う。それは僕も曲作りで心がけているんだけど、なかなかそうはいかない。歌に関してはメンバー全員(多分、本業ではないだろうから)インパクトはないにしても、みんな丁寧でうまい。それを余計な喋りは一切ナシで、見事に流れを作りながら演奏を続ける…なかなか素敵、そんなライヴをゼヒやってみたい…て、僕にはムリ!?
2897244 2897232
 バンド全員が巧いんだけど、僕の目当てはやっぱりギターの中野さん。ライヴならではのソロでは、タメの効いた導入…ここでグッときますな。粘っこいヴィブラートをかけ、展開に応じて速いフレーズも出てくる、ボトルネック奏法も見せ場のひとつ…間奏のギターソロ自体にストーリーが展開されるわけです。ALLMAN BROTHERSとかのブルースやサザン・ロックの影響があると思うのですが、マイナーキーの曲ではロベン・フォードやJOURNEYのニール・ショーンあたりにも通ずる、なかなか女泣かせなフレーズを弾く、素敵なギタリストでした。

 こういうのを聴くと、またまたエレクトリックを弾きたくなります。

観たライヴ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。