So-net無料ブログ作成

あれから5年…福知山線脱線事故 [日記]

 今日で、あの福知山線脱線事故から5年…。
 写真の記帳所は昨年のもの。
26016847_1862660358.jpg

 2005年、僕は兵庫県伊丹市に住んでいて、阪神大震災とこの脱線事故の日は、何かと考えることの多い一日。今年は帰省できませんでした。事件のことを語れば、様々な人の様々な思いがあると思いますが、僕にはただただ、亡くなられた方々のご冥福を祈り、また事故の後遺症を抱えておられる方々の健康や回復を望むくらいのことしかできない。

 当時、僕はバンドのギター弾きとしては休業中で、知人のクラリネット奏者山本真依さんと組んで少しばかり演奏を始めた。童謡のアレンジものやクラシック、アニソン等を中心のレパートリーのなか、自作曲も3曲演奏した。ひとつは「素敵になれるかい」…これは今もひとりで演奏している様子がYouTubeにもアップされています( http://www.youtube.com/watch?v=HEKjXPP-DMM )。それからメンデルスゾーンへのアンサー・ソングとして大学時代に書いた「歌の翼を広げて」…最近は殆ど演奏していない曲。
 そしてあの事故をきっかけに、ソロ・ギター曲(といっても、基本のテクで弾けるもの)を書き、サビの主旋律はクラリネットで重ねて吹いてもらった。当時はタイトルが無かったが、現在は「冥(MAY)」というタイトルで演奏している。あと5日だった新緑の5月(MAY)を迎えられなかった方々の冥福を祈る、という意味で名づけた。

 2人の初演は、西宮市立生瀬小学校で実施されたアートイベント「Art Mix Namaze」でのお客さん参加型演奏会。題して「うた紡ぎ」…真依さんがリトミックの先生だったこともあり、みんなに打楽器を持ってもらったり、演奏に合わせて歩いてもらったり…そんな企画をした。
 当時の様子です。
  ↓
http://kusunoki.nishi.or.jp/school/namazee/artmix/workshop.htm 

 この、後に「冥(MAY)」と名づけた曲を演奏した時、お客さんには「自由にタイトルを考えたり、自由に絵を描いたり…何かを描いてください」と、画用紙を配った。様々なタイトルが出てくるなか、多かったのは希望溢れるものや、爽やかなものだった。なかには、僕が酒飲みであることを揶揄したものもありましたが(爆)。

 すると、ある2~3歳の女の子が、僕ら2人を描いてくれた。

903150341_186.jpg

 イベント自体、主催された同校の図工教諭が阪神大震災への追悼を込めたものであり、偶然にもあの事故をもとに書いた曲を演奏する場となったことには、感慨深いものがある。

 あの絵をくれた女の子は今頃、小学校1~2年くらいだな…。

  - ◇ -

 今週はこの曲「冥(MAY)」も演奏します。

4/28(水)
・場所;荻窪アルカフェ
 http://alcafe.incoming.jp/
 地図; http://alcafe.incoming.jp/m/map_m.htm
 (最寄駅;荻窪 JR中央線 総武線もしくは東京メトロ)
・Charge;\500+1drink order
・出演;私は前半です…
 PM7:30~ タジユキヒロ(私)
 PM8:40頃~ THREEPさん…ピアノ弾き語りの人で、今回はヴァイオリンのサポートがおられるとか。

 ~皆様のお越しをお待ちしております~



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。