So-net無料ブログ作成

☆「横浜ブルースライヴパッケージ」に出演 [ライヴ報告]

 昨日は「横浜ブルースライヴパッケージ」に出演。

 お越しいただきましたお客様、共演バンドおよびKing'sBarの皆さま、お世話になりました。

~厚木ファッツブルースバンド~

43973223_2927233941.jpg

 ギター兼ヴォーカルの厚木ファッツさんを主役にシカゴブルースを演奏。生まれは関西の方だそうですが、コテコテ感はなく、トーンは明るい。歌は滑舌のいい感じ。ファッツさんの乾いた音と、サイド・ギタリスト氏のレガートなプレイの対比が特徴的。リズム隊の音が少し小さく感じたけど、楽しそう♪
 しかし、厚木さんなのに薄着でしたし、ファッツなのに、さほど太っていない…ということは、厚着するとすご~く着脹れするんでしょうか(爆)。

~タジユキヒロ~

 実はリハーサルの後、ギターのピックガードが外れてしまい…MCのネタにしてしまいました。「ガードが甘いのですよね。世の中の女の子もそれくらいガードが甘い方が…」という、くだらない話をしてから曲がスタート。

1.たまにはココロのブレーキをはずして
2.言い分/even
3.バレンタインデイ・キッス*
4.流されない/気負わない
5.恋はハイエナジー
6.素敵になれるかい
*…国生さゆりのカヴァー

 この後も「流されない/気負わない」でネタは飛ぶわ、「素敵になれるかい」でピックが指から滑るわ…ハプニング続きで演奏はボロボロでした。多分、客席で友人の隣に座っていたシャープな美人が気になってヨソゴトを考えてたから(爆)。尤も、彼とはあかの他人だったようです、残念!
 ステージとしては、ダジャレを織り交ぜつつ、「女子力」「肉食系女子」をネタにしてたトークを繰り広げ、盛り上がりました…ん!?

~DeepFryTheBluesBand~

43973223_3259385363.jpg

 やっぱり巧い~。松尾さんの乾いたギターのトーンが心地よく響き、たった3台の楽器が見事なアンサンブルを聴かせる。ベースの天本さんによる歌が素晴らしくて、定番レパートリーの「Same Old Blues(フレディ・キング)」は、やはり素晴らしい歌いっぷり!「Just the Two Of Us(ビル・ウィザーズ)」もスケベな仕上がり。
 天本さんは頬骨あたりに絆創膏を貼っておられましたが、やはり悪いネコにでも引っ掻かれたのでしょうか…すんません、ウソです。
 後半はピアノがゲスト参加し、BBキングやサム・クック等の曲で大盛り上がり!でした。

~竹林有情~

43973223_970820044.jpg

 やはり、ブルースは楽しい音楽~♪と思える時間でした。地元の地下鉄をテーマにした「ブルーライン・ブルース」での最後にギターとハープのコール&レスポンス、またギターのぶるーす林さんが歌う「ヨコハマ・ベイ・ブルース」では

ぶるーす林「夜の伊勢佐木町では~、あのコが働いてる~♪」
タジ「どこの店!?」
ぶるーす林「い・え・な・い~」

と、僕とのコール&レスポンス。あ、顎関節症に響くので、なるべく大きな口を開けないようにしながら。

 アンコールでは、ビール瓶でボトルネック奏法!

43973223_379975824.jpg

 お疲れ様でした~♪

 ― ◇ ―

 …これで終わらず
 厚木ファッツブルースバンド、竹林有情、ワタシの顔ぶれでセッション。ブルースナンバーだけでなく、ファッツさんが「スローなブギにしてくれ(南佳孝)」を歌う。

 さらに…

 客席で僕がギターを弾き、ファッツさんが「パープルタウン(八神純子)」「異邦人(久保田早紀)」「唇よ熱く君を語れ(渡辺真知子)」「蜃気楼(クリスタルキング)」「5番街のマリー(ペドロ&カプリシャス)」等を大熱唱!他のお客さんまで歌いだし、歌声喫茶状態に。

 いったい、どれがメインだったのか…(爆)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。